2010年4月21日水曜日

今週末、東京と京都でジュネ『シャティーラの四時間』関連公演

すでに当欄でもご紹介済みですが(こちらこちら)、一部省略して再掲。ジャン・ジュネ『シャティーラの四時間』の刊行、いましばらく掛かります。お待ちいただければ幸甚です。

──────────

「地点」公演
「誰も、何も、どんなに巧みな物語も」

日時:2010年4月22日(木)〜25日(日)(22日・23日:19時30分開演/24日・25日:17時開演)
会場:京都芸術センター・フリースペース
料金:一般前売2500円・当日3000円(全席自由席)

テクスト:ジャン・ジュネ「アルベルト・ジャコメッティのアトリエ」「……という奇妙な単語」「シャティーラの四時間」
構成・翻訳:宇野邦一
演出:三浦基
出演:安部聡子・山田せつ子

http://www.chiten.org/

──────────

モレキュラーシアター
演劇「Ballet Biomechanicaバレエ・ビオメハニカ」公演

日時:2010年4月24日(土)開場18時半/開演19時〜20時、25日(日)開場14時半/開演15時〜16時
※追加公演:25日(日)開場12時/開演12時30分〜
会場:早稲田大学演劇映像実習室(戸山キャンパス36号館)
入場無料(ワンステージ40名限定。事前予約受付中。)
事前予約・問合せ:早稲田大学演劇博物館

演出・構成・美術:豊島重之
出演:大久保一恵・田島千征・四戸由香・秋山容子・高沢利栄
テクスト:メイエルホリド『モスクワ演劇人集会における演説』(作品社・ベストセレクション・亀山郁夫訳)『最後の演説』(同書・桑野隆訳)『年表』(同書・浦雅春訳)/ケルジェンツェフ『よそ者の演劇・異質な演劇』(プラウダ紙・鴻英良訳)/ベンヤミン『モスクワ』(ちくま学芸文庫・コレクション3・久保哲司訳)/ジュネ『シャティーラの四時間』(近刊・鵜飼哲訳)ほか

http://www.enpaku.waseda.ac.jp/kyodo/activity/20100424.html
http://sites.google.com/site/moleculartheatre/nextevent/bb2010