2009年11月26日木曜日

渡辺公三×昼間賢トークセッション@ジュンク堂新宿店

小社から『ローカル・ミュージック──音楽の現地へ』を刊行している昼間賢さんが出演されるトークイヴェントが開催されます。

渡辺公三『アフリカのからだ』『西欧の眼』(言叢社)刊行記念
「今、人類はどこにいるのか──あるいは多様体を映す場所へ」
渡辺公三×昼間賢
日時:2009年12月4日(金)18:30〜
場所:ジュンク堂新宿店・8階喫茶コーナー
定員:50名
入場料:1,000円(1ドリンクつき)
http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk-shinjyuku.html#20091204shinjuku

《人文社会科学はもうひとつ元気がない。ひとびとは自分の生活で精いっぱいだし、自分の場で知恵を絞り眼を凝らし耳を澄ませて明日を切り開こうとしている。ということは、それぞれのひとが人文社会科学の原点に立ち戻って自前の生活の学を作ろうとしているということだ。ローカルな生と表現に注目してきた人類学は、今、多様なエネルギーに満ちた生を氾濫させるひきがねとなりうるだろうか。『アフリカのからだ』『西欧の眼』(言叢社、2009年)の著者が、『ローカル・ミュージック』(インスクリプト、2005年)著者を迎えて、ポスト・グローバリゼーションの世界をさぐる。》

(言叢社の本は未入手です、すみません…)

渡辺さんはこの言叢社の2巻本のあとに、さきごろ新書で『レヴィ=ストロースの闘い』(平凡社新書、2009年11月)を刊行されたばかり。昼間さんは、訳書として『エクスペリメンタル・ミュージック──実験音楽ディスクガイド』(フィリップ・ロベール著、昼間賢・松井宏訳、NTT出版、2009年10月)を刊行されたばかり。今回は、渡辺さんが昼間さんに声を掛けられたと仄聞しております。ぜひどうぞ。